トランプはやっぱり認知症か 専門家70人が衝撃の検査要求

公開日: 更新日:

 トランプ大統領(71)の「精神状態」は、かなり危ないのではないか。専門家グループが「検査するべき」と要求したのだ。

 米メディアによると、今月11日、米国やカナダ、ドイツの著名な専門家70人がトランプの健康診断を担当した医師に書簡を送付。国民は大統領の健康状態を明確に知る必要があると強調し、健康状態を懸念する声に基づいて認知症の検査をするべきという内容だ。

 これらの専門家が問題視しているのが最近のトランプの言動だ。発言にまとまりがない、ろれつが回らない、古くからの友人の顔が見分けられない、同じ内容の発言を繰り返す、読んだり聞いたり理解したりするのが困難、衝動抑制の能力が疑わしい――など問題点は広範囲にわたる。やっぱりトランプは認知症なのか。

 精神科医の和田秀樹氏によると、認知症には2つの特徴があるという。

「人間は70歳から前頭葉の萎縮が顕著になり、衝動をコントロールしにくくなる、つまりキレやすくなるのです。北朝鮮を挑発するようなツイートに没頭するのは前頭葉の機能が低下して物事を熟考できなくなっているからかもしれません。もうひとつは記憶障害。北朝鮮を許せないと言ったり、仲良くしたいと言うなど発言をコロコロ変えるのは、自分が何をしゃべったのかを忘れている可能性がある。こうしたことから、専門家が初期の認知症を疑わざるを得なくなったと考えられます。検査を求めたのは当然の行為です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    濱田岳は外野の雑音を実力でねじ伏せてきた 同クール2本の連ドラで存在感発揮のワケ

    濱田岳は外野の雑音を実力でねじ伏せてきた 同クール2本の連ドラで存在感発揮のワケ

  3. 3
    元「メロン記念日」大谷雅恵さん 借金500万円で自己破産「生活保護からは脱しましたが、生活は今もギリギリ」

    元「メロン記念日」大谷雅恵さん 借金500万円で自己破産「生活保護からは脱しましたが、生活は今もギリギリ」

  4. 4
    澤村拓一は恩義でロッテ復帰 原巨人また日本人に逃げられ「セットアッパー」穴埋めならず

    澤村拓一は恩義でロッテ復帰 原巨人また日本人に逃げられ「セットアッパー」穴埋めならず

  5. 5
    ガーシー議員74年ぶりの「招状」にも反省ゼロ! SNSの反応は風向きガラリ

    ガーシー議員74年ぶりの「招状」にも反省ゼロ! SNSの反応は風向きガラリ

  1. 6
    三浦瑠麗氏にTV出演見合わせドミノ…胸元が透けた国葬“シースルー喪服”を思い出す人も

    三浦瑠麗氏にTV出演見合わせドミノ…胸元が透けた国葬“シースルー喪服”を思い出す人も

  2. 7
    三笘薫に100億円超えアーセナル入り情報!FA杯リバプール戦マジック決勝弾で移籍金爆上がり

    三笘薫に100億円超えアーセナル入り情報!FA杯リバプール戦マジック決勝弾で移籍金爆上がり

  3. 8
    日本→フィリピン“現金の運び屋”は「ルフィ」渡辺容疑者のオンナがやっていた

    日本→フィリピン“現金の運び屋”は「ルフィ」渡辺容疑者のオンナがやっていた

  4. 9
    超低空飛行のフジ「ぽかぽか」は“コンプラ上等”で「笑っていいとも!」の再来となるか

    超低空飛行のフジ「ぽかぽか」は“コンプラ上等”で「笑っていいとも!」の再来となるか

  5. 10
    中居正広せっかくの復帰も…自ら“年内死亡説”に言及しすぎで「逆に心配」とファンやきもき

    中居正広せっかくの復帰も…自ら“年内死亡説”に言及しすぎで「逆に心配」とファンやきもき