分党で揺れる「希望の党」 細野豪志氏の居残りに官邸の影

公開日: 更新日:

 分党問題で混迷中の希望の党。7日、保守系の松沢成文参院議員団代表ら5人が、憲法改正や安保法に対する執行部との立場の違いを理由に分党を申し出た。

 松沢氏と行動を共にするのは、小池百合子前代表の一本釣りで出馬した元防衛官僚の井上一徳衆院議員、「日本のこころ」を離党して希望結党に参加した中山成彬元国交相と中山恭子元拉致問題担当相の夫妻に加え、行田邦子参院議員だ。5人とも党創設メンバーで、「国会議員5人以上」の政党要件も満たす。

 ここで疑問なのが、同じ創設メンバーで、真っ先に出て行きそうな細野豪志元環境相は、なぜ同調しないのかだ。

「当初は細野氏も、松沢氏と一緒に出て行くと言っていたのです。創設メンバーの中でも細野氏に近い笠浩史衆院議員は迷っているようでした。そこへ、官邸サイドから、希望に残って欲しいと連絡があったそうなのです。分党で出て行くメンバーは今後、“極右政党”として、日本維新の会と連携していくことになる。彼らはもちろん安倍首相の憲法改正に賛成しますが、官邸としては、希望の中からも改憲に賛成する声が上がった方が都合がいいと考えたようです。長島昭久政調会長に『細野を出すな』と指示し、残留するよう説得させたと聞いています」(希望の党関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  4. 4

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  5. 5

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  6. 6

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  7. 7

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  8. 8

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  9. 9

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  10. 10

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

もっと見る