自衛隊明記マンガを20万部も作成「改憲」争点化ダダすべり

公開日: 更新日:

「憲法のあるべき姿について議論をするのか、しないのかを問うのが、この参院選だ」――。国会閉会以降、安倍首相が参院選の争点に「改憲」を掲げることに躍起だ。

 とはいえ、大半は野党攻撃。参院で国会規則に基づく野党の予算委員会開催要求を2カ月以上も拒んだことを棚に上げ、「この1年、国会の憲法審査会は参議院ではたった3分しか開かれていない」「一部の野党は、議論にすら応じていない」とあげつらう。老後2000万円不足で火がついた“鬼門”の年金問題を隠したくて、たまらないのだろう。

 安倍首相の持論を基に自民党がまとめた、自衛隊を憲法に明記する9条改正など「改憲4項目」を説明するマンガも作成。破格の20万部も発行し、有権者に配るという。

 ファンシーな画風で安倍自民の理想である「3世代家族」に、「GHQは(今の憲法を)たった『8日間』で作ったんだ」「私たちの家のルールをご近所さんが考えるようなものよね?」と“押しつけ憲法論”や、「(自衛隊が)憲法違反であるというレッテルを貼られ続けることはおかしくない?」「堂々と憲法で認めることはできないのかねぇ」と“自衛隊違憲論”などを語らせる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  3. 3

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  4. 4

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  5. 5

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  6. 6

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  7. 7

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  8. 8

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  9. 9

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  10. 10

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<中>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る