自衛隊明記マンガを20万部も作成「改憲」争点化ダダすべり

公開日: 更新日:

「憲法のあるべき姿について議論をするのか、しないのかを問うのが、この参院選だ」――。国会閉会以降、安倍首相が参院選の争点に「改憲」を掲げることに躍起だ。

 とはいえ、大半は野党攻撃。参院で国会規則に基づく野党の予算委員会開催要求を2カ月以上も拒んだことを棚に上げ、「この1年、国会の憲法審査会は参議院ではたった3分しか開かれていない」「一部の野党は、議論にすら応じていない」とあげつらう。老後2000万円不足で火がついた“鬼門”の年金問題を隠したくて、たまらないのだろう。

 安倍首相の持論を基に自民党がまとめた、自衛隊を憲法に明記する9条改正など「改憲4項目」を説明するマンガも作成。破格の20万部も発行し、有権者に配るという。

 ファンシーな画風で安倍自民の理想である「3世代家族」に、「GHQは(今の憲法を)たった『8日間』で作ったんだ」「私たちの家のルールをご近所さんが考えるようなものよね?」と“押しつけ憲法論”や、「(自衛隊が)憲法違反であるというレッテルを貼られ続けることはおかしくない?」「堂々と憲法で認めることはできないのかねぇ」と“自衛隊違憲論”などを語らせる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

もっと見る