宮田律
著者のコラム一覧
宮田律現代イスラム研究センター理事長

1955年、山梨県甲府市生まれ。83年、慶應義塾大学大学院文学研究科史学専攻修了。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院修士課程修了。専門は現代イスラム政治、イラン政治史。「イラン~世界の火薬庫」(光文社新書)、「物語 イランの歴史」(中公新書)、「イラン革命防衛隊」(武田ランダムハウスジャパン)などの著書がある。近著に「黒い同盟 米国、サウジアラビア、イスラエル: 「反イラン枢軸」の暗部」(平凡社新書)。

極めて怪しい米国のバグダディ容疑者の殺害発表とその根拠

公開日: 更新日:

 米国のトランプ大統領は10月27日、米軍特殊部隊がIS(イスラム国)の最高指導者バグダディ容疑者を殺害したと発表した。トランプ大統領は、「バグダディが泣き叫んでいた。犬のように死んだ。臆病者のように死んだ」と述べ、さらに「異常で、邪悪なヤツだったが、今や消え去った。米国にとっては素晴らしい日になった」と語った。異常ぶりは国際秩序を踏みにじるトランプ氏にも感ずるが、彼はまるで西部劇のお尋ね者を殺害した保安官のようにその「成果」を誇った。

 パレスチナ人の思想家エドワード・サイード(1935年~2003年)は、その著書「オリエンタリズム」(1978年)の中で、ヨーロッパは歴史的にオリエント(東洋)を自らとはまったく対照的なものとして、後進性、敵対性、非合理性をもつ実体としてとらえている(=「オリエンタリズム」)と主張したが、バグダディ容疑者の殺害後のトランプ氏の発言には、イスラム世界を卑下する感情も表われていたかのようだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  2. 2

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  7. 7

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  10. 10

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

もっと見る