宮田律
著者のコラム一覧
宮田律現代イスラム研究センター理事長

1955年、山梨県甲府市生まれ。83年、慶應義塾大学大学院文学研究科史学専攻修了。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院修士課程修了。専門は現代イスラム政治、イラン政治史。「イラン~世界の火薬庫」(光文社新書)、「物語 イランの歴史」(中公新書)、「イラン革命防衛隊」(武田ランダムハウスジャパン)などの著書がある。近著に「黒い同盟 米国、サウジアラビア、イスラエル: 「反イラン枢軸」の暗部」(平凡社新書)。

極めて怪しい米国のバグダディ容疑者の殺害発表とその根拠

公開日: 更新日:

 米国のトランプ大統領は10月27日、米軍特殊部隊がIS(イスラム国)の最高指導者バグダディ容疑者を殺害したと発表した。トランプ大統領は、「バグダディが泣き叫んでいた。犬のように死んだ。臆病者のように死んだ」と述べ、さらに「異常で、邪悪なヤツだったが、今や消え去った。米国にとっては素晴らしい日になった」と語った。異常ぶりは国際秩序を踏みにじるトランプ氏にも感ずるが、彼はまるで西部劇のお尋ね者を殺害した保安官のようにその「成果」を誇った。

 パレスチナ人の思想家エドワード・サイード(1935年~2003年)は、その著書「オリエンタリズム」(1978年)の中で、ヨーロッパは歴史的にオリエント(東洋)を自らとはまったく対照的なものとして、後進性、敵対性、非合理性をもつ実体としてとらえている(=「オリエンタリズム」)と主張したが、バグダディ容疑者の殺害後のトランプ氏の発言には、イスラム世界を卑下する感情も表われていたかのようだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    侍J深刻ファン離れ ZOZOマリンがロッテ戦より不入りの衝撃

  4. 4

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  5. 5

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  6. 6

    パナマ文書に義姉会社 加藤厚労相とベネッセ“奇怪な関係”

  7. 7

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  8. 8

    日本はもはや国の体をなしていないことを実感した1カ月

  9. 9

    東大が方針転換 英語民間試験に突き付けた「NO!」の波紋

  10. 10

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る