児童虐待15年で6倍 防止法施行により痛ましい事件が顕在化

公開日: 更新日:

 法務省は29日、犯罪白書の2019年版を公表した。

 18年の児童虐待関連の検挙人数は、5年連続増の1419人で過去最多。記録が残る中で最も古い03年は242人で、15年間で約6倍に増えた。

 児童虐待を罪名別にみると、03年は多い順に傷害=致死含む=98人(40・5%)、殺人85人(35・1%)、保護責任者遺棄20人(8・3%)だったのに対し、18年は傷害=同=591人(41・6%)、暴行457人(32・2%)、強制わいせつ101人(7・1%)。

 特に伸びが著しいのは、暴行約76倍、強制わいせつ約34倍、強制性交等(強姦)14倍だった。

 法務省の担当者は「児童虐待防止法の施行(00年)以降、痛ましい事件が顕在化する傾向にある」と話している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  9. 9

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る