髙橋裕樹
著者のコラム一覧
髙橋裕樹弁護士

「すべては依頼者の笑顔のために」がモットー。3000件を超す法律相談実績を持ち、相続や離婚といった身近な法律問題から刑事事件、企業法務まで何でもこなすオールマイティーな“戦う弁護士”。裁判員裁判4連続無罪の偉業を成し遂げた実績を持つ。アトム市川船橋法律事務所。

児童虐待事件のほとんどは表面化していない…その原因とは

公開日: 更新日:

 判決が出て、再び話題になっている昨年の目黒女児虐待事件。さらに野田小4女児虐待事件もあって、児童虐待が多いなと思われるでしょう。しかし、このように裁判にかけられる児童虐待事件は氷山の一角に過ぎないことを知ってください。

 それは多くの場合、虐待が表面化しづらく、かつ虐待を証明できるだけの証拠が残らないことが原因です。それが児童虐待の特殊性なのです。

 傷害などの人身被害の表面化は、圧倒的に被害者自身による申告によるものです。しかし、児童虐待の被害者は、被害を訴えられない乳児や、被害の説明を適切にできない幼児です。それゆえ第三者が児童の体のあざや泣き声などに気付いた場合でなければ、児童虐待はなかなか表面化しません。そして、虐待被害の可能性があったとしても逮捕・起訴するのは容易ではありません。

 両親を虐待で逮捕・起訴するためには、「いつ・どこで・誰が・どうやって」虐待したかを証拠によって特定しなければなりませんが、自宅という密室で行われる児童虐待の証拠など残されていないのが通常です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  2. 2

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  7. 7

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    レアルが格下に惜敗…名門の“赤っ恥”は久保にプラスのナゼ

  10. 10

    NHK朝ドラ歴代ヒロイン演じた女優たちは今どうしている?

もっと見る