“体罰禁止”改正法成立も罰則なし…虐待親を抑止できるのか

公開日: 更新日:

 ようやく一歩前進か。

 親の子どもに対する体罰禁止と、児童相談所の体制強化を盛り込んだ改正児童虐待防止法と改正児童福祉法が19日、成立した。が、「罰則がなくて、確信犯的にわが子を虐待する親への抑止力になるのか、という疑問は残る」(犯罪ジャーナリスト・田代篤氏)。

 子ども支援専門の国際NGO「セーブ・ザ・チルドレン」が2017年に行った意識調査(全国の成人男女2万人対象)によると、“しつけ”のために子どもに体罰をすることに対して「決してすべきではない」と回答したのは約43%。“体罰容認派”が、日本にはまだ6割近くもいる。

 容認といっても、もちろん“濃淡”があって、たとえば「手の甲をたたく」や「お尻をたたく」は7割近くが容認しているが、「頬を平手でたたく」は約3割に減る。さらに「加減せずに頭をたたく」「ものを使ってたたく」「こぶしで殴る」の容認派は1割前後。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  4. 4

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  7. 7

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

もっと見る