「トランプ大統領で『戦後』は終わる」田原総一朗著

公開日: 更新日:

 トランプ大統領誕生で変化する日米関係を読み解く政治テキスト。

 日本の戦後体制は、冷戦、そしてパックス・アメリカーナ(アメリカによる平和)を前提として築かれたものだった。だが、トランプ大統領はアメリカが世界の警察官を続けることを否定。さらに自由貿易体制を否定することでアメリカが主軸となっていたグローバリズムも終焉を迎えようとしている。これらは日本の戦後が幕を閉じることを意味し、安倍首相が主張する「戦後レジームからの脱却」につながる可能性も秘めている。

 今、日本が置かれている戦後レジームとはどういうものか、満州事変にまでさかのぼり検証しながら、新たに構築すべきレジームを考察する。(KADOKAWA 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  2. 2

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  3. 3

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  4. 4

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  5. 5

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  6. 6

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  7. 7

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  8. 8

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

  9. 9

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  10. 10

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る