「トランプ大統領で『戦後』は終わる」田原総一朗著

公開日: 更新日:

 トランプ大統領誕生で変化する日米関係を読み解く政治テキスト。

 日本の戦後体制は、冷戦、そしてパックス・アメリカーナ(アメリカによる平和)を前提として築かれたものだった。だが、トランプ大統領はアメリカが世界の警察官を続けることを否定。さらに自由貿易体制を否定することでアメリカが主軸となっていたグローバリズムも終焉を迎えようとしている。これらは日本の戦後が幕を閉じることを意味し、安倍首相が主張する「戦後レジームからの脱却」につながる可能性も秘めている。

 今、日本が置かれている戦後レジームとはどういうものか、満州事変にまでさかのぼり検証しながら、新たに構築すべきレジームを考察する。(KADOKAWA 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  7. 7

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  8. 8

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    かんぽ生命は前途多難 10.5営業再開もお詫び行脚で精一杯

もっと見る

人気キーワード