「トランプ大統領で『戦後』は終わる」田原総一朗著

公開日:

 トランプ大統領誕生で変化する日米関係を読み解く政治テキスト。

 日本の戦後体制は、冷戦、そしてパックス・アメリカーナ(アメリカによる平和)を前提として築かれたものだった。だが、トランプ大統領はアメリカが世界の警察官を続けることを否定。さらに自由貿易体制を否定することでアメリカが主軸となっていたグローバリズムも終焉を迎えようとしている。これらは日本の戦後が幕を閉じることを意味し、安倍首相が主張する「戦後レジームからの脱却」につながる可能性も秘めている。

 今、日本が置かれている戦後レジームとはどういうものか、満州事変にまでさかのぼり検証しながら、新たに構築すべきレジームを考察する。(KADOKAWA 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る