「食べる時間を変えれば健康になる 時間栄養学入門」古谷彰子著 柴田重信監修

公開日: 更新日:

 いつも疲れている、食べないようにしているのにちっとも痩せない。こういう人は「いつ食べるか」の重要性を知らない人が多い。体内時計は1日24・5時間のリズムで刻まれていて、朝の光の刺激と食事の刺激で24時間にリセットしている。

 朝食抜きがいけないのは栄養が不足することではなく、リセットができないから。そのため、朝食抜きの人は疲れやすく、どこか体調不良になり、食べ物を制限しているのに上手にダイエットできなくなるのだ。この本は時間栄養学の基礎を紹介しつつ、理想の食事時間、運動時間、薬を飲む時間などを具体的に教えてくれる。さらに、1週間単位で食事量や運動量を調節するやり方も示している。シフトワーカーをはじめ、働く人にとって参考になるはずだ。(ディスカヴァー携書 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  6. 6

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  7. 7

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る