「甘いもの中毒」宗田哲男著

公開日:  更新日:

 糖質制限こそが日本人の体に適した健康な食生活であるという。著者は糖尿病妊娠などの糖質制限で成果を上げているマタニティークリニックの院長。糖質制限への批判に対する反論を含めて糖質制限の利点を説明している。

 著者によると甘いもの中毒には「砂糖中毒」と「ご飯中毒」があり、深刻なのは後者だという。

 面白いのはお米がヘルシーというのは、医学・栄養学的には神話でしかない、と断言している点。それは赤ちゃんの頃からの食生活によりかたくなに信仰されているに過ぎないという。そもそもご飯は大量の砂糖で、茶碗1杯で角砂糖14個分にあたる。ご飯を3分の1にするだけで、糖質制限の効果が表れるというのが著者の主張だ。(朝日新聞出版 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る