「甘いもの中毒」宗田哲男著

公開日:  更新日:

 糖質制限こそが日本人の体に適した健康な食生活であるという。著者は糖尿病妊娠などの糖質制限で成果を上げているマタニティークリニックの院長。糖質制限への批判に対する反論を含めて糖質制限の利点を説明している。

 著者によると甘いもの中毒には「砂糖中毒」と「ご飯中毒」があり、深刻なのは後者だという。

 面白いのはお米がヘルシーというのは、医学・栄養学的には神話でしかない、と断言している点。それは赤ちゃんの頃からの食生活によりかたくなに信仰されているに過ぎないという。そもそもご飯は大量の砂糖で、茶碗1杯で角砂糖14個分にあたる。ご飯を3分の1にするだけで、糖質制限の効果が表れるというのが著者の主張だ。(朝日新聞出版 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る