「甘いもの中毒」宗田哲男著

公開日: 更新日:

 糖質制限こそが日本人の体に適した健康な食生活であるという。著者は糖尿病妊娠などの糖質制限で成果を上げているマタニティークリニックの院長。糖質制限への批判に対する反論を含めて糖質制限の利点を説明している。

 著者によると甘いもの中毒には「砂糖中毒」と「ご飯中毒」があり、深刻なのは後者だという。

 面白いのはお米がヘルシーというのは、医学・栄養学的には神話でしかない、と断言している点。それは赤ちゃんの頃からの食生活によりかたくなに信仰されているに過ぎないという。そもそもご飯は大量の砂糖で、茶碗1杯で角砂糖14個分にあたる。ご飯を3分の1にするだけで、糖質制限の効果が表れるというのが著者の主張だ。(朝日新聞出版 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  2. 2

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  3. 3

    キムタク「抱かれたくない男」1位にTV局が高笑いのワケ

  4. 4

    中居正広が五輪キャスター争奪戦で“売れ残り”の大ピンチ

  5. 5

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  6. 6

    全て思惑通り…N国の立花党首にマスコミは利用されている

  7. 7

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  8. 8

    マツコ「元SMAP共演拒否発言」騒動にTVマン拍手喝采の訳

  9. 9

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  10. 10

    泥沼の日韓対立 この政権が続く限り解決は不可能<上>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る