• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「二頭の馬の伝説」佐野魁著

 英国随一の名騎手といわれたレスリー・リカビー。彼はかつて馬が疲れ切って、自分が少しでも重心を移したりムチを当てたりすれば馬がバランスを崩す、というピンチのとき、動かずに馬のリズムに合わせ、ゴールに飛び込む寸前、馬の首を押し、鼻面4センチの差で勝った。

 流れるように走る名馬ペチロンに出合ったとき、彼は「私はこの馬には乗らない」と言った。

 そのペチロンを「気に入った」と言ったのは、かつて「大王」と呼ばれたリチャードだった。そして金色の馬サー・シカンブルに乗ったリカビーと、ペチロンに乗ったリチャードはダービーで顔を合わせる。

 英国ダービーを描く迫真のドラマ。

 (第三書館 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る