「二頭の馬の伝説」佐野魁著

公開日:

 英国随一の名騎手といわれたレスリー・リカビー。彼はかつて馬が疲れ切って、自分が少しでも重心を移したりムチを当てたりすれば馬がバランスを崩す、というピンチのとき、動かずに馬のリズムに合わせ、ゴールに飛び込む寸前、馬の首を押し、鼻面4センチの差で勝った。

 流れるように走る名馬ペチロンに出合ったとき、彼は「私はこの馬には乗らない」と言った。

 そのペチロンを「気に入った」と言ったのは、かつて「大王」と呼ばれたリチャードだった。そして金色の馬サー・シカンブルに乗ったリカビーと、ペチロンに乗ったリチャードはダービーで顔を合わせる。

 英国ダービーを描く迫真のドラマ。

 (第三書館 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  7. 7

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  8. 8

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  9. 9

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る