• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「二頭の馬の伝説」佐野魁著

 英国随一の名騎手といわれたレスリー・リカビー。彼はかつて馬が疲れ切って、自分が少しでも重心を移したりムチを当てたりすれば馬がバランスを崩す、というピンチのとき、動かずに馬のリズムに合わせ、ゴールに飛び込む寸前、馬の首を押し、鼻面4センチの差で勝った。

 流れるように走る名馬ペチロンに出合ったとき、彼は「私はこの馬には乗らない」と言った。

 そのペチロンを「気に入った」と言ったのは、かつて「大王」と呼ばれたリチャードだった。そして金色の馬サー・シカンブルに乗ったリカビーと、ペチロンに乗ったリチャードはダービーで顔を合わせる。

 英国ダービーを描く迫真のドラマ。

 (第三書館 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  5. 5

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る