「二頭の馬の伝説」佐野魁著

公開日:

 英国随一の名騎手といわれたレスリー・リカビー。彼はかつて馬が疲れ切って、自分が少しでも重心を移したりムチを当てたりすれば馬がバランスを崩す、というピンチのとき、動かずに馬のリズムに合わせ、ゴールに飛び込む寸前、馬の首を押し、鼻面4センチの差で勝った。

 流れるように走る名馬ペチロンに出合ったとき、彼は「私はこの馬には乗らない」と言った。

 そのペチロンを「気に入った」と言ったのは、かつて「大王」と呼ばれたリチャードだった。そして金色の馬サー・シカンブルに乗ったリカビーと、ペチロンに乗ったリチャードはダービーで顔を合わせる。

 英国ダービーを描く迫真のドラマ。

 (第三書館 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る