「サラブレッドに『心』はあるか」楠瀬良著

公開日:  更新日:

 馬の行動学・心理学の専門家が「馬のこころとからだ」について、競馬ファンから寄せられた質問に答えながら解説する競走馬講座。

 かつてはまったくないといわれていた馬の色覚だが、研究が進み、黄色を中心にある程度は色を感じる能力があると分かってきたという。一方で、瞳孔の形状と眼球の位置から、その視野は350度にも及ぶという。視覚にはじまり聴覚や嗅覚など競走馬の機能を解説。

 その上で、両耳を立てて前に向けている時は集中しているといった、耳や尻尾の動きで分かる感情表現などの馬券を買う前に見るべきポイント、生まれてから競走馬になるまでの育て方、そしてサラブレッドの歴史まで。競馬ファンが知りたいことが一冊で分かる必読本。(中央公論新社 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る