「競馬の終わり」杉山俊彦著

公開日:  更新日:

 2110年、温暖化による自然災害の多発で、世界のパワーバランスが崩壊。日本はロシアの占領下におかれる。

 ある日、競走馬を生産する笹田の牧場を見知らぬロシア人が訪ねてくる。北海道地区管理府トップのイリッチ弁務官だった。イリッチは、笹田が生み出したサッドソングの初仔の購入を希望。仔馬は売約済みだったが、笹田が決めた購入先とはすでに話がついているという。理由をいぶかる笹田にイリッチは、ダービーを自分の馬で勝ちたいからだという。実は、3年後にサラブレッドのサイボーグ化が施行されることになり、現1歳馬が生身で行われる最後のダービー世代になることが決まっていた。

 未来の競馬を描いた第10回日本SF新人賞受賞作。

 (集英社 620円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る