• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「競馬の終わり」杉山俊彦著

 2110年、温暖化による自然災害の多発で、世界のパワーバランスが崩壊。日本はロシアの占領下におかれる。

 ある日、競走馬を生産する笹田の牧場を見知らぬロシア人が訪ねてくる。北海道地区管理府トップのイリッチ弁務官だった。イリッチは、笹田が生み出したサッドソングの初仔の購入を希望。仔馬は売約済みだったが、笹田が決めた購入先とはすでに話がついているという。理由をいぶかる笹田にイリッチは、ダービーを自分の馬で勝ちたいからだという。実は、3年後にサラブレッドのサイボーグ化が施行されることになり、現1歳馬が生身で行われる最後のダービー世代になることが決まっていた。

 未来の競馬を描いた第10回日本SF新人賞受賞作。

 (集英社 620円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る