北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「有馬記念全軌跡」芹沢邦雄編集

公開日:  更新日:

 1956年の第1回から、2014年の第59回までの有馬記念を、エッセーと写真で振り返る書だ。有馬記念の特徴は、まず第1に、ファン投票で出走馬が決まるという特殊なレースなので、ファンの夢に直結していること。第2は、一年の最後に行われるので、その年の締めくくりの意味が込められていること。この2つが大きい。

 どのレースより馬券の売り上げが多いのも、そういう有馬記念の特別な位置を示しているように思われる。

 これまでに数々のドラマがあった。ヴィクトワールピサとブエナビスタがハナ差の死闘を演じた平成22年は外国人騎手が上位を独占。圧倒的な1番人気のディープインパクトをハーツクライが破ったのは平成17年。アメリカ同時多発テロが起きた平成13年に勝ったのはマンハッタンカフェで、15番人気のメジロパーマーが逃げ切って大波乱となったのは平成4年である。オグリキャップの「感動のラストラン」は平成2年。本書を読んでいくと次々にそれらのゴールシーンが蘇る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  6. 6

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  9. 9

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  10. 10

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

もっと見る