「名馬を読む」江面弘也著

公開日:  更新日:

 1980年まで存在したクモハタ記念に名を残す名馬クモハタは、1936年、宮内省の下総御料牧場で生まれた。

 四肢の脚元が白く、額から鼻筋にかけて白い“流星”が流れる「四白流星」といわれる相だが、これは馬相学では凶相で、「四白に名馬なし」といわれていた。そのクモハタを一目見て「不世出の名馬だ」と直感して買ったのが、平凡社から独立して非凡閣という出版社を起こした加藤雄策だった。ダービーの前日、クモハタは肩を痛め、食欲もなかったが、ダービーに勝てる馬だと確信した加藤は出走を決め、そして、クモハタは勝った! 

 他にハイセイコーなど、競馬をますます面白くしてくれる名馬32頭の物語。(三賢社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る