「名馬を読む」江面弘也著

公開日: 更新日:

 1980年まで存在したクモハタ記念に名を残す名馬クモハタは、1936年、宮内省の下総御料牧場で生まれた。

 四肢の脚元が白く、額から鼻筋にかけて白い“流星”が流れる「四白流星」といわれる相だが、これは馬相学では凶相で、「四白に名馬なし」といわれていた。そのクモハタを一目見て「不世出の名馬だ」と直感して買ったのが、平凡社から独立して非凡閣という出版社を起こした加藤雄策だった。ダービーの前日、クモハタは肩を痛め、食欲もなかったが、ダービーに勝てる馬だと確信した加藤は出走を決め、そして、クモハタは勝った! 

 他にハイセイコーなど、競馬をますます面白くしてくれる名馬32頭の物語。(三賢社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  2. 2

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  3. 3

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  4. 4

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  5. 5

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  6. 6

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  7. 7

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  8. 8

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  9. 9

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

  10. 10

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

もっと見る