「名馬を読む」江面弘也著

公開日:  更新日:

 1980年まで存在したクモハタ記念に名を残す名馬クモハタは、1936年、宮内省の下総御料牧場で生まれた。

 四肢の脚元が白く、額から鼻筋にかけて白い“流星”が流れる「四白流星」といわれる相だが、これは馬相学では凶相で、「四白に名馬なし」といわれていた。そのクモハタを一目見て「不世出の名馬だ」と直感して買ったのが、平凡社から独立して非凡閣という出版社を起こした加藤雄策だった。ダービーの前日、クモハタは肩を痛め、食欲もなかったが、ダービーに勝てる馬だと確信した加藤は出走を決め、そして、クモハタは勝った! 

 他にハイセイコーなど、競馬をますます面白くしてくれる名馬32頭の物語。(三賢社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る