「ツチハンミョウのギャンブル」福岡伸一著

公開日: 更新日:

 ツチハンミョウが生まれるのは、地中で幼虫時代を過ごしたコハナバチが成虫になって地上に現れる時期だ。ツチハンミョウは匂いを頼りにコハナバチにとりつき、振り落とされないようにして花に止まったら飛び移る。

 そして今度はヒメハナバチが飛んでくるのを待つ。そしてヒメハナバチの足に飛び移り、ヒメハナバチが花粉団子を作ってその中に卵を産むと、ツチハンミョウは孵化した幼虫や花粉団子を食べて成虫になる。これしか食べないので、うまくヒメハナバチに巡り合ったものだけが生き残る壮絶なギャンブル人生なのだ。

 ほかに、凄腕の産科医の架空の物語で円周率を覚える方法など、博学な福岡ハカセの仮説、珍説を満載。

(文藝春秋 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  10. 10

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

もっと見る

人気キーワード