「変わらないために変わり続ける」福岡伸一著

公開日:  更新日:

 駆け出しの研究者だった25年前、一時雇われの身として滞在したロックフェラー大学。寝食を忘れて研究に没頭した思い出のキャンパスに、著者は2013年から2年間、客員教授として舞い戻った。何の変化もないかのように見えた青春の舞台にはかつての教授や遺伝子解読法の姿はなく、今や世界最先端の生命科学研究の場となっていた。

 本書は、古巣に戻った著者が見て感じて体験した、NYの絶え間ないダイナミズムと文化、さらに生命科学研究の今をつづったエッセー集だ。

 NYの今と昔、異国で感じる日本語への渇望、食文化差の理科的な考察、マンハッタンでの自然観察、生命科学史から見たウイルスという存在の不思議さやSTAP細胞問題の闇など、読みごたえのあるトピックが並ぶ。定説とされていたものが覆って新たな知見が定評を得ていく研究の世界と同様、決して停滞せずに生き物のように変化していく街を闊歩する著者の楽しそうな様子が伝わってくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る