• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「中谷宇吉郎 雪を作る話」中谷宇吉郎著

 物理学者で雪の研究の第一人者だった著者がつづった珠玉の随筆集。明治33年に石川県に生まれ、ヨーロッパ留学の後、北大理学部で雪の研究に魅せられた著者は、人工雪の製作や天然雪の結晶写真の撮影にのめり込んでいった。本書には、そんな彼ならではの随筆「自然の恵み」「雪の十勝」「雪を作る話」のほか、太平洋戦争中の昭和18~19年に有珠山で頻発した地震と地盤隆起について書いた「天地創造の話」、科学は自然に対する純真な驚異の念から出発すべきではないかという、科学教育に対する意見をつづった「簪を挿した蛇」など全13編が収録されている。

 科学的視点から日常の事象を観察したときに浮かび上がってくる興味深い事実を、丁寧に取り上げていく中谷の随筆は、美しい上に示唆に満ちている。添付の栞に書かれた福岡伸一氏の評で、彼のことを日本という国をはるかに超えて世界性を獲得した「元祖トランス・ジャパニーズ」だと評しているのも興味深い。(平凡社 1400円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る