「中谷宇吉郎 雪を作る話」中谷宇吉郎著

公開日: 更新日:

 物理学者で雪の研究の第一人者だった著者がつづった珠玉の随筆集。明治33年に石川県に生まれ、ヨーロッパ留学の後、北大理学部で雪の研究に魅せられた著者は、人工雪の製作や天然雪の結晶写真の撮影にのめり込んでいった。本書には、そんな彼ならではの随筆「自然の恵み」「雪の十勝」「雪を作る話」のほか、太平洋戦争中の昭和18~19年に有珠山で頻発した地震と地盤隆起について書いた「天地創造の話」、科学は自然に対する純真な驚異の念から出発すべきではないかという、科学教育に対する意見をつづった「簪を挿した蛇」など全13編が収録されている。

 科学的視点から日常の事象を観察したときに浮かび上がってくる興味深い事実を、丁寧に取り上げていく中谷の随筆は、美しい上に示唆に満ちている。添付の栞に書かれた福岡伸一氏の評で、彼のことを日本という国をはるかに超えて世界性を獲得した「元祖トランス・ジャパニーズ」だと評しているのも興味深い。(平凡社 1400円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  9. 9

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る

人気キーワード