「チームワークの教科書」ハーバード・ビジネス・レビュー編集部編  

公開日: 更新日:

 例えば経営会議でいつまでも「決められない」でいた場合にどうしたらいいか。意見がまとまらないときにやむなくトップが決めることがままあるが、それは「独裁化症候群」の表れである。その場合、「投票のパラドックス」の理論から、他のメンバーの不満につながり、チームが機能しなくなることは、起こるべくして起こることだと指摘する。そして回避策として、達成したいゴールの明確化、選択肢に幅を持たせる、一歩引いて新しい案を考える、本音で話し合えるように議論の内容は外に漏らさないことなどを挙げる。

 米国の名門経営大学院ハーバード・ビジネス・スクールの理念に基づき刊行されているマネジメント誌「ハーバード・ビジネス・レビュー」に掲載された論文から、チームワークについての論考10本を収録。

(ダイヤモンド社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る