「チームワークの教科書」ハーバード・ビジネス・レビュー編集部編  

公開日: 更新日:

 例えば経営会議でいつまでも「決められない」でいた場合にどうしたらいいか。意見がまとまらないときにやむなくトップが決めることがままあるが、それは「独裁化症候群」の表れである。その場合、「投票のパラドックス」の理論から、他のメンバーの不満につながり、チームが機能しなくなることは、起こるべくして起こることだと指摘する。そして回避策として、達成したいゴールの明確化、選択肢に幅を持たせる、一歩引いて新しい案を考える、本音で話し合えるように議論の内容は外に漏らさないことなどを挙げる。

 米国の名門経営大学院ハーバード・ビジネス・スクールの理念に基づき刊行されているマネジメント誌「ハーバード・ビジネス・レビュー」に掲載された論文から、チームワークについての論考10本を収録。

(ダイヤモンド社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  2. 2

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  3. 3

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  6. 6

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  7. 7

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  8. 8

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  9. 9

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

  10. 10

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る