ポスト・ネット時代

公開日:

「〈インターネット〉の次に来るもの」ケヴィン・ケリー著 服部桂訳

 いまや「ネット」だけで通じるインターネット。その「次」はどうなるのか。



 かつてS・ジョブズも大きな影響を受けたことで知られる伝説の本「ホール・アース・カタログ」。その共同企画者で雑誌「ワイヤード」の創刊編集長だった著者。まさにネット時代の黎明(れいめい)期からその可能性と未来を信じてきた第一人者が語るネット社会の未来論だ。

 SNSによる流言飛語など最近は弊害が強く意識されるネットだが、著者はあくまでポジティブに未来を信じる。ネットが人類の目の前に開いてみせたテクノロジーは、単に人間がつくり出した人工的な技術にとどまらず、宇宙の普遍的な原理そのものを示しているとまでいう。80年代の初め、モデムでつないだ電話線の向こうに広大無辺の空間が開けていると感じたときの興奮が、いまなお脳裏に息づいているのがわかる。

 60代半ばを過ぎてもバーチャルリアリティーのビューアーをつけて何時間でも過ごせるという若々しい好奇心。筋金入りのユーザーだけにこれほどの確信をもってネットの楽天的な未来を語れるのだろう。

(NHK出版 2000円+税)

「ポストメディア人類学に向けて」ピエール・レヴィ著 米山優ほか訳

 インターネットの初期には、この新しい技術が人類に未知の扉を開くものと期待する声が高かった。本書もそのひとつだが、単なる夢想や甘い期待の本ではない。

 ネットは市場を流動化させたり、グローバル経済の勝ち組を生んだりするだけでなく、国家や場所に固定されない「脱領土化された市民性」の可能性を秘めていると主張する。

 既存の秩序にしばられない共生・共存はいかにして実現されるのか。「メディアはメッセージ」と看破したマクルーハン以来の斬新なメディア論。

(水声社 4000円+税)

「インスタグラムと現代視覚文化論」久保田晃弘 きりとりめでる共訳・編著

 人気低迷のフェイスブックに代わっていまや時代の寵児(ちょうじ)はインスタグラム。「インスタ映え」は小学生でも知る流行語だ。

 このインスタグラムにいち早く注目して美学論を展開したのがロシア出身のデジタル理論家でアーティストのレフ・マノヴィッチ。

 本書は彼がネット上に公開したインスタ論を全訳し、編著者をふくむ多数の論文で解説や独自の分析を試みたユニークなメディア論。

 訳書部分を横書き、論文を縦書きという大胆な本のつくりなど雑誌の特集の機動性が特徴。インスタの世界ではプロもアマも同じように「いいね!」を求めて競争しているという指摘が面白い。

(ビー・エヌ・エヌ新社 3500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る