「果糖中毒」ロバート・H・ラスティグ著 中里京子訳

公開日: 更新日:

 WHOの統計によると、世界の約19億人が太り過ぎの状態であるという。原因は、意志の弱さからあらゆるものを食べ過ぎているからだと思うだろう。しかし、その考え方は大間違いであると指摘するのが、ロバート・H・ラスティグ著「果糖中毒」(中里京子訳 ダイヤモンド社 2400円+税)だ。最新の229の医学論文から、肥満大流行の原因を明らかにしている。

 現代人は、“あらゆるもの”を食べ過ぎているわけではない。アメリカでは30年ほど前から低脂肪が推奨され、総摂取カロリーに脂質が占める割合は40%から30%に減少。タンパク質も15%を推移している。ところが、炭水化物(糖質)は40%から55%に増加。中でも果糖の摂取量は過去30年で2倍に増加していることが分かったのだという。

 果糖の取り過ぎは自己管理の甘さだけで起こるものではない。果糖はほぼすべてが肝臓で代謝されるが、その処理能力を超えると膵臓(すいぞう)から大量のインスリンが分泌される。すると、食欲をコントロールするレプチンというホルモンの働きを邪魔して、脳に“飢餓状態である”と勘違いさせ、余計に果糖を求めるようになる。

 さらに、大気汚染や喫煙、エストロゲンなどの化学物質、そして風邪のような症状をもたらすアデノウイルスなどが“太らせ因子”となり、ホルモン分泌を狂わせている。その結果、食欲を暴走させ、代謝を低下させ、肥満を蔓延(まんえん)させている。肥満は、意志の強弱だけの問題ではなくなっているのだ。

 本書では果糖漬けからの更生プログラムとして、食物繊維の摂取の仕方と1日15分の運動効果を解説。ダイエットに失敗し続けているという人は、太る原因から学び直すべきだ。


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  3. 3

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

  4. 4

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  7. 7

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  8. 8

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  9. 9

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

  10. 10

    NGT48山口真帆の気になる卒業後 引っ張りダコか干されるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る