「アカガミ」窪美澄著

公開日: 更新日:

 2020年のオリンピック後、若者の自殺が急増。ある生物学者が発表した2000年以降に生まれた若者の寿命は、40歳までもたないかもしれないという論文の影響が指摘される。大学生のミツキも、40歳までの人生をどう生きていいか分からず、渋谷のバーのトイレで薬を飲み、自殺を図る。しかし、死にきれず、常連客のログに厳しく叱られる。その後、ミツキは介護施設で働くようになっても、ログと話すために店に通っていた。ある夜、恋愛というものがどういうものか分からず、したいとも思わないミツキは、ログから国が設立したお見合いシステム「アカガミ」への登録を勧められる。

 若者たちが恋愛やセックスをしなくなった近未来の世界を描く問題小説。

(河出書房新社 580円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  2. 2

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  3. 3

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  4. 4

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

  5. 5

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  6. 6

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  7. 7

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  8. 8

    即戦力推進も…オスカープロモーションは新たな試練の時期

  9. 9

    NHK「まんぷく」でまた脚光 東風万智子に“再改名”のススメ

  10. 10

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

もっと見る