• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

チェリッシュ 事務所が意図的に結婚情報をリーク

<1977年6月>

 結婚式の定番ソングといえば「てんとう虫のサンバ」。松崎好孝と悦子(旧姓・松井)の男女デュオ「チェリッシュ」の曲だ。6月3日、2人は名古屋で結婚式を挙げた。松崎27歳、悦子26歳。結婚がウワサされるようになってすでに5年が経過していた。

 チェリッシュは最初から男女2人だったわけではない。もともとはリーダーの松崎を中心とした男性4人組。地元の名古屋で活動するアマチュアのフォークグループだった。悦子が加入したのは69年。TBSの情報番組「ヤング720」にチェリッシュが出演。同番組でカバーガールを務めていたのが同じ愛知県出身の悦子だった。

 帰郷後、松崎はチェリッシュのステージを見にこないかと悦子を誘い、しばらくすると親密な関係になっていた。悦子がボーカルとしてもいけることがわかり、チェリッシュに迎え入れられた。その後、1人が加わり6人組になったが、プロを目指す松崎は自分と悦子だけを残し、メンバーを総入れ替え。5人組として再スタートを果たし、71年6月、全国フォーク音楽祭で4位に入賞。レコード会社のスカウトの目に留まり、プロデビューが決まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る