チェリッシュ 事務所が意図的に結婚情報をリーク

公開日: 更新日:

<1977年6月>

 結婚式の定番ソングといえば「てんとう虫のサンバ」。松崎好孝と悦子(旧姓・松井)の男女デュオ「チェリッシュ」の曲だ。6月3日、2人は名古屋で結婚式を挙げた。松崎27歳、悦子26歳。結婚がウワサされるようになってすでに5年が経過していた。

 チェリッシュは最初から男女2人だったわけではない。もともとはリーダーの松崎を中心とした男性4人組。地元の名古屋で活動するアマチュアのフォークグループだった。悦子が加入したのは69年。TBSの情報番組「ヤング720」にチェリッシュが出演。同番組でカバーガールを務めていたのが同じ愛知県出身の悦子だった。

 帰郷後、松崎はチェリッシュのステージを見にこないかと悦子を誘い、しばらくすると親密な関係になっていた。悦子がボーカルとしてもいけることがわかり、チェリッシュに迎え入れられた。その後、1人が加わり6人組になったが、プロを目指す松崎は自分と悦子だけを残し、メンバーを総入れ替え。5人組として再スタートを果たし、71年6月、全国フォーク音楽祭で4位に入賞。レコード会社のスカウトの目に留まり、プロデビューが決まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  4. 4

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  7. 7

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  8. 8

    何があったのか…嵐「活動休止」櫻井翔の“予告”と複雑背景

  9. 9

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  10. 10

    「こりゃめでてーな」伊藤こう大が語る“破滅的”貧乏生活

もっと見る