「歌う不動産王」千昌夫 巨額負債で経営破綻

公開日: 更新日:

<2000年2月>

 総資産3000億円ともいわれ、「歌う不動産王」の異名をとった千昌夫。80年代には事業と資産を急拡大したが、バブル崩壊とメーンバンクの破綻とともに、一転して「歌う借金王」と呼ばれるようになった。

 2月4日、東京地裁に「アベインターナショナルベンチャーズコーポレーション」という会社が経営破綻し、特別清算を申請。1034億円という巨額の負債を抱えて事実上倒産した。経営者は阿部健太郎。歌手の千昌夫(当時52)である。

 歌手として飛び回る一方で、手広く事業を広げていた千だが、出発点は160万枚の大ヒット曲となった「星影のワルツ」の印税。これを元手に70年、仙台市郊外に山林5万坪を購入したことに始まる。弱冠22歳の時だった。この土地が東北新幹線の着工が決まり、地価は10倍に上昇する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る