「歌う不動産王」千昌夫 巨額負債で経営破綻

公開日:  更新日:

<2000年2月>

 総資産3000億円ともいわれ、「歌う不動産王」の異名をとった千昌夫。80年代には事業と資産を急拡大したが、バブル崩壊とメーンバンクの破綻とともに、一転して「歌う借金王」と呼ばれるようになった。

 2月4日、東京地裁に「アベインターナショナルベンチャーズコーポレーション」という会社が経営破綻し、特別清算を申請。1034億円という巨額の負債を抱えて事実上倒産した。経営者は阿部健太郎。歌手の千昌夫(当時52)である。

 歌手として飛び回る一方で、手広く事業を広げていた千だが、出発点は160万枚の大ヒット曲となった「星影のワルツ」の印税。これを元手に70年、仙台市郊外に山林5万坪を購入したことに始まる。弱冠22歳の時だった。この土地が東北新幹線の着工が決まり、地価は10倍に上昇する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る