「歌う不動産王」千昌夫 巨額負債で経営破綻

公開日: 更新日:

<2000年2月>

 総資産3000億円ともいわれ、「歌う不動産王」の異名をとった千昌夫。80年代には事業と資産を急拡大したが、バブル崩壊とメーンバンクの破綻とともに、一転して「歌う借金王」と呼ばれるようになった。

 2月4日、東京地裁に「アベインターナショナルベンチャーズコーポレーション」という会社が経営破綻し、特別清算を申請。1034億円という巨額の負債を抱えて事実上倒産した。経営者は阿部健太郎。歌手の千昌夫(当時52)である。

 歌手として飛び回る一方で、手広く事業を広げていた千だが、出発点は160万枚の大ヒット曲となった「星影のワルツ」の印税。これを元手に70年、仙台市郊外に山林5万坪を購入したことに始まる。弱冠22歳の時だった。この土地が東北新幹線の着工が決まり、地価は10倍に上昇する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る