• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「CMの間にトイレ」発言で番組を降板した乱一世

<1997年8月>

 テレビ朝日で放送されていた人気深夜番組「トゥナイト2」の準レギュラーだった乱一世(当時47)。思わぬ騒動を引き起こしてしまったのが26日の放送だった。

 担当はお色気コーナーのリポート。乱がCMに入る直前にコーナーの予告をする。こんな大げさな口上だった。

「今日のネタはちょっとやそっとじゃ見られません。親類縁者にも電話してください。2分間だけ、みなさんに猶予を与えたいと思います。トイレに行かれる方はトイレへ。この2分間に行かないと大変なことになりますね」

 ご存じのように民放の経営は、CM収入で成り立っている。「CMの間にトイレに行け」という乱のこの発言は放送界の禁句だった。あいにく「トゥナイト2」は生放送番組。この発言はそのまま放送されてしまった。その直後、乱も気がついて「CMのあとで謝ろうか」と思ったが、現場のスタッフは「乱さんのキャラだから大丈夫だろう」とそのままになったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る