番組降板で年5億円パー みのもんた「鎌倉御殿」は売却の運命か

公開日:  更新日:

 本人にとっては「みそぎ」の会見を行った後も、「みのバッシング」が収まる気配を見せない。写真誌「フライデー」は自宅の空撮写真を掲載。発売中の「週刊文春」ではみのもんた(69)自身がインタビューに応じ、次男の問題だけでなく、セクハラ騒動についても反論を繰り広げている。

「『朝ズバッ!』などの降板で年間5億円ともいわれるギャラを失ったみのは必死。この苦境を乗り切って芸能界の最前線に復活しないと、家業の水道メーター会社も、鎌倉の御殿も危ういですからね」(芸能リポーター)

 みのはテレビ出演のギャラを自身が社長で大株主を務める水道メーター会社「ニッコク」の売り上げに計上している。鎌倉の自宅はもちろん南青山や軽井沢などの一等地に所有する不動産もほとんどがニッコク名義だ。ニッコクは優良企業で内部留保も多い。とはいえ、テレビのギャラがゼロになれば経営への影響は必至。不動産を売却せざるを得ない展開も考えられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る