番組降板で年5億円パー みのもんた「鎌倉御殿」は売却の運命か

公開日: 更新日:

 本人にとっては「みそぎ」の会見を行った後も、「みのバッシング」が収まる気配を見せない。写真誌「フライデー」は自宅の空撮写真を掲載。発売中の「週刊文春」ではみのもんた(69)自身がインタビューに応じ、次男の問題だけでなく、セクハラ騒動についても反論を繰り広げている。

「『朝ズバッ!』などの降板で年間5億円ともいわれるギャラを失ったみのは必死。この苦境を乗り切って芸能界の最前線に復活しないと、家業の水道メーター会社も、鎌倉の御殿も危ういですからね」(芸能リポーター)

 みのはテレビ出演のギャラを自身が社長で大株主を務める水道メーター会社「ニッコク」の売り上げに計上している。鎌倉の自宅はもちろん南青山や軽井沢などの一等地に所有する不動産もほとんどがニッコク名義だ。ニッコクは優良企業で内部留保も多い。とはいえ、テレビのギャラがゼロになれば経営への影響は必至。不動産を売却せざるを得ない展開も考えられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

  3. 3

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  4. 4

    インド株の市中感染を初確認!7月に全国蔓延で五輪は絶望

  5. 5

    小池知事「五輪中止」のタイミング…重なる4年前の都議選

  6. 6

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  7. 7

    五輪選手らを選手村と会場に“閉じ込める”政府案の浅はかさ

  8. 8

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  9. 9

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  10. 10

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

もっと見る