番組降板で年5億円パー みのもんた「鎌倉御殿」は売却の運命か

公開日: 更新日:

 本人にとっては「みそぎ」の会見を行った後も、「みのバッシング」が収まる気配を見せない。写真誌「フライデー」は自宅の空撮写真を掲載。発売中の「週刊文春」ではみのもんた(69)自身がインタビューに応じ、次男の問題だけでなく、セクハラ騒動についても反論を繰り広げている。

「『朝ズバッ!』などの降板で年間5億円ともいわれるギャラを失ったみのは必死。この苦境を乗り切って芸能界の最前線に復活しないと、家業の水道メーター会社も、鎌倉の御殿も危ういですからね」(芸能リポーター)

 みのはテレビ出演のギャラを自身が社長で大株主を務める水道メーター会社「ニッコク」の売り上げに計上している。鎌倉の自宅はもちろん南青山や軽井沢などの一等地に所有する不動産もほとんどがニッコク名義だ。ニッコクは優良企業で内部留保も多い。とはいえ、テレビのギャラがゼロになれば経営への影響は必至。不動産を売却せざるを得ない展開も考えられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る