沢尻エリカ「別に」騒動 本当は“原始人姿”にブチ切れた

公開日:  更新日:

「別に」発言について本格的に初告白――そんな触れ込みだったが、な~んてことはなかった。

 沢尻エリカ(27)が1年半ぶりの主演ドラマ「時計屋の娘」(18日21時~、TBS)の番宣で、放送前夜の「週刊BS―TBS報道部」に出演。元「NEWS23」のキャスター・松原耕二からのインタビューと、ドラマのロケ現場のVTRを織り交ぜ、登場したのだ。

 映画「クローズド・ノート」(07年)の舞台あいさつで腕組みをしたまま、「別に」と発言した理由を語ったのはほんの少しだけ。「(精神的に)いっぱいいっぱいだった。女優はこうあるべきという価値観で生きていて。それがパンクしちゃった」と自己分析し、「子供とか夢を持って(映画を)見たい人のことを考えてなかった」と優等生発言で締めくくった。ハイパーメディアクリエーターとの結婚やその後のゴタゴタをしゃべらないのは想定内としても、“よそ行き”で物足りない内容だ。当時を知る映画関係者も呆れ顔でこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る