沢尻エリカ「別に」騒動 本当は“原始人姿”にブチ切れた

公開日: 更新日:

「別に」発言について本格的に初告白――そんな触れ込みだったが、な~んてことはなかった。

 沢尻エリカ(27)が1年半ぶりの主演ドラマ「時計屋の娘」(18日21時~、TBS)の番宣で、放送前夜の「週刊BS―TBS報道部」に出演。元「NEWS23」のキャスター・松原耕二からのインタビューと、ドラマのロケ現場のVTRを織り交ぜ、登場したのだ。

 映画「クローズド・ノート」(07年)の舞台あいさつで腕組みをしたまま、「別に」と発言した理由を語ったのはほんの少しだけ。「(精神的に)いっぱいいっぱいだった。女優はこうあるべきという価値観で生きていて。それがパンクしちゃった」と自己分析し、「子供とか夢を持って(映画を)見たい人のことを考えてなかった」と優等生発言で締めくくった。ハイパーメディアクリエーターとの結婚やその後のゴタゴタをしゃべらないのは想定内としても、“よそ行き”で物足りない内容だ。当時を知る映画関係者も呆れ顔でこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  3. 3

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  6. 6

    “満身創痍”ジャニーズ限定ユニットTwenty★Twentyの行く末

  7. 7

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  8. 8

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  9. 9

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  10. 10

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

もっと見る