夏樹陽子の人生最高の一杯 「フェラーリの運転席にドンペリが…」

公開日:  更新日:

 御年61にしてこの美貌。まさに「ベテラン美人女優」と呼ぶにふさわしい。酒も相当イケる口――に見えるが、実はほとんど下戸だという。その代わりにハマっているのがクルマ。そのクルマでいいことがあると、やっぱり酒に結びつくようで……。

 飲めないのに、お酒の楽しい席は好きだから、失敗談はいっぱいあります。高校の同窓会で無理してビールを5、6杯飲んだら、見るものがグルグル回りだして立てなくなっちゃったり、北海道にロケに行ったとき、ウイスキーを牛乳で割った「カウボーイ」という飲み方を教わり、おいしかったのでついつい飲みすぎたら、翌日、二日酔いでヒドい目に遭ったり……。

 中でも思い出深いのは私のデビュー作「空手バカ一代」での失敗かな。劇中、「ヨロヨロと千鳥足で歩く」というシーンがあったんです。でも、それまで千鳥足になんてなったことがないから、撮影前にちょっと梅酒を飲んじゃった。で、まずは後ろ姿の撮影。コッチはフラフラに酔っぱらってるから一発OK。「なんだ陽子、やればできるじゃないか」なんてお褒めの言葉も。ところが、次の前向きのシーンでバレちゃいました。「陽子、顔が真っ赤じゃないか」「おまえ、ホントに酔っぱらってるな?」。結局、撮影は一時中断、駆け出しの新人なのに、周りのスタッフさんや主役の千葉真一さんを2時間以上お待たせすることになってしまいました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る