• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

夏樹陽子の人生最高の一杯 「フェラーリの運転席にドンペリが…」

 御年61にしてこの美貌。まさに「ベテラン美人女優」と呼ぶにふさわしい。酒も相当イケる口――に見えるが、実はほとんど下戸だという。その代わりにハマっているのがクルマ。そのクルマでいいことがあると、やっぱり酒に結びつくようで……。

 飲めないのに、お酒の楽しい席は好きだから、失敗談はいっぱいあります。高校の同窓会で無理してビールを5、6杯飲んだら、見るものがグルグル回りだして立てなくなっちゃったり、北海道にロケに行ったとき、ウイスキーを牛乳で割った「カウボーイ」という飲み方を教わり、おいしかったのでついつい飲みすぎたら、翌日、二日酔いでヒドい目に遭ったり……。

 中でも思い出深いのは私のデビュー作「空手バカ一代」での失敗かな。劇中、「ヨロヨロと千鳥足で歩く」というシーンがあったんです。でも、それまで千鳥足になんてなったことがないから、撮影前にちょっと梅酒を飲んじゃった。で、まずは後ろ姿の撮影。コッチはフラフラに酔っぱらってるから一発OK。「なんだ陽子、やればできるじゃないか」なんてお褒めの言葉も。ところが、次の前向きのシーンでバレちゃいました。「陽子、顔が真っ赤じゃないか」「おまえ、ホントに酔っぱらってるな?」。結局、撮影は一時中断、駆け出しの新人なのに、周りのスタッフさんや主役の千葉真一さんを2時間以上お待たせすることになってしまいました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る