離婚で価値観に変化…高岡早紀「頑張り過ぎなくてもいい」

公開日:  更新日:

 1月5日から放送される大河ドラマ「軍師官兵衛」(NHK)で小寺政職(片岡鶴太郎)の正室・お紺を演じる女優の高岡早紀(41)。政職は官兵衛を可愛がる一方、周囲の意見に左右されやすく、やがて織田方についた官兵衛を裏切ることに。お紺は、官兵衛を悩ませる政職を生来の聡明さでしっかりと支え、主従の橋渡し役を果たす。

 優柔不断な夫を操縦した感触は?

「政職とお紺はお互いの関係性が出来上がっているからこそ、殿の気持ちをお紺が操縦できるのだと思います。片岡鶴太郎さんは、うまく手のひらで転がるような人柄を演じてくださり、一緒にお芝居していて楽しいです。実際の私は男の人の後ろで手綱を引くとか、良い方向に導くのは苦手なので、お紺とは違うと思います。ただ、子供を持つ母親としての共通点はあるかなと。お紺は、子供の将来を考え、小寺家を支えるためにしっかりと生きている人」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る