• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

離婚で価値観に変化…高岡早紀「頑張り過ぎなくてもいい」

 1月5日から放送される大河ドラマ「軍師官兵衛」(NHK)で小寺政職(片岡鶴太郎)の正室・お紺を演じる女優の高岡早紀(41)。政職は官兵衛を可愛がる一方、周囲の意見に左右されやすく、やがて織田方についた官兵衛を裏切ることに。お紺は、官兵衛を悩ませる政職を生来の聡明さでしっかりと支え、主従の橋渡し役を果たす。

 優柔不断な夫を操縦した感触は?

「政職とお紺はお互いの関係性が出来上がっているからこそ、殿の気持ちをお紺が操縦できるのだと思います。片岡鶴太郎さんは、うまく手のひらで転がるような人柄を演じてくださり、一緒にお芝居していて楽しいです。実際の私は男の人の後ろで手綱を引くとか、良い方向に導くのは苦手なので、お紺とは違うと思います。ただ、子供を持つ母親としての共通点はあるかなと。お紺は、子供の将来を考え、小寺家を支えるためにしっかりと生きている人」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る