日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新郎の元カノが激白! 荒川静香の“夜のイナバウアー”

 ソチ五輪がいよいよ開幕。06年のトリノ五輪女子フィギュアスケート金メダリストで、プロスケーターの荒川静香(32)は、日本テレビ系の五輪番組でメーンキャスターを担当。現地に乗り込み、リポートや解説などでフル回転する。

 そんな荒川は新婚ホヤホヤ。昨年12月29日の自身の32歳の誕生日に、かねて交際していた30代外科医のA氏と入籍。当初は相手の職業経歴など全てが非公表だったが、1日に放送された「メレンゲの気持ち」(日テレ系)に出演した際、「母親を通じて、共通の知人の息子さんが結婚していないから会ってみたら?」と、お見合いのようなものだったことを告白。交際からゴールインまでは2年弱だそうで、「まだ一緒に生活をしていない」と別居状態であることを明かした。

 荒川は五輪期間中、1カ月近くソチに滞在。夫婦水入らずの“夜のイナバウアー”はしばらくお預けのようだが、氷上のクールビューティーと呼ばれた美女アスリートを射止めたA氏とはどんな人物なのか。今回、日刊ゲンダイ本紙の取材に、かつてA氏と交際していた元カノBさんが複雑な胸中を打ち明けてくれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事