“真央人気”で3倍増 スケート連盟が貯め込んだ「13億円」

公開日: 更新日:

 いよいよ、ソチ五輪が7日開幕する。女子フィギュアの浅田真央(23)は何色のメダルを持ち返るのか。ファンならずとも気になるが、真央ちゃん人気によって、日本スケート連盟がボロ儲けしていることをご存じか。

 05年12月に弱冠15歳でGPファイナルを制し、鮮烈なデビューを飾って以降、スケ連は“真央バブル”を享受してきた。公表する財産目録によると、06年6月末に約4.6億円だった「正味財産」は、13年同期で約13.6億円まで膨んだ。実に約3倍増で、うち現預金は約2億4000万円から約9億円に跳ね上がっている。

「大きく貢献したのは、主催大会の放映権料です。05年度に年間約4500万円に過ぎなかった放映権料は年々うなぎ上りで、13年度には約2億円まで増えましたからね」(フィギュア関係者)

 資産増加は職員の待遇アップにも反映されている。スケ連の収支予算書によると、人件費にあたる「給料手当」の総額は過去3年度で6600万円、7000万円、8000万円とトントン拍子で増加。現在の職員数は13人で、1人平均の年収は約613万円。サラリーマンの平均年収(408万円=12年度)をゆうに上回る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  7. 7

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

  10. 10

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る