• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

現役ジャンパー船木に「復帰したら」…宮根誠司の“赤っ恥”

 宮根が失礼といえば失礼だし、船木がふがいないといえば、そう言えなくもない。
 18日放送の昼の情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」で、司会の宮根誠司が、長野五輪の金メダリスト船木和喜をつかまえて、「現役復帰したらどうですか? 船木さん」と言い放ったのだ。

 現役選手の船木に対して復帰も何もないだろうが、引退したと思われてしまう船木にも奮起してほしいものだ。

 それに宮根が失礼だというなら、テリー伊藤も16日放送の「サンデースクランブル」で、失礼なことを言っていた。宮根ほど露骨じゃないが、船木に向かって「世界中の人が、それこそ船木さんもそうだけど途中でやめたり、成績が落ちて」などと、船木が引退しているとも受け取られかねない発言をしていた。さすがに「まずい」と思ったのか、司会の下平さやかアナは「船木さんは38歳で現役を続けて」とフォローしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る