日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

NHK出版でも不祥事…“懲戒免職”編集長の殿様商売と高給

「NHKよ、いい加減にしろ」と言いたくなる。

 NHKの子会社「NHK出版」で不正が発覚し、放送・学芸図書編集部の河野逸人編集長(52)が懲戒免職された。河野氏は2003~13年に、架空の校正作業を発注するなどして計約900万円を同社に支払わせ、ほかに私的な飲食や架空出張の費用として約450万円を着服。合計1350万円を私的に流用していたのだ。同社によると、今回の不正は内部通報で発覚し、河野氏は「保証人となっていた負債の返済に充てていた」と説明しているそうだ。

 河野氏は宮崎県出身で、中央大を卒業して85年にNHK出版に入社。06年から編集長職を務めていた。大河ドラマ「風林火山」の放映時に出演したGacktの写真集をヒットさせるなど、やり手の編集者として知られた。各種のインタビューも積極的に受け、辣腕ぶりを自己アピールした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事