NHK出版でも不祥事…“懲戒免職”編集長の殿様商売と高給

公開日:  更新日:

「NHKよ、いい加減にしろ」と言いたくなる。

 NHKの子会社「NHK出版」で不正が発覚し、放送・学芸図書編集部の河野逸人編集長(52)が懲戒免職された。河野氏は2003~13年に、架空の校正作業を発注するなどして計約900万円を同社に支払わせ、ほかに私的な飲食や架空出張の費用として約450万円を着服。合計1350万円を私的に流用していたのだ。同社によると、今回の不正は内部通報で発覚し、河野氏は「保証人となっていた負債の返済に充てていた」と説明しているそうだ。

 河野氏は宮崎県出身で、中央大を卒業して85年にNHK出版に入社。06年から編集長職を務めていた。大河ドラマ「風林火山」の放映時に出演したGacktの写真集をヒットさせるなど、やり手の編集者として知られた。各種のインタビューも積極的に受け、辣腕ぶりを自己アピールした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る