NHK出版でも不祥事…“懲戒免職”編集長の殿様商売と高給

公開日: 更新日:

「NHKよ、いい加減にしろ」と言いたくなる。

 NHKの子会社「NHK出版」で不正が発覚し、放送・学芸図書編集部の河野逸人編集長(52)が懲戒免職された。河野氏は2003~13年に、架空の校正作業を発注するなどして計約900万円を同社に支払わせ、ほかに私的な飲食や架空出張の費用として約450万円を着服。合計1350万円を私的に流用していたのだ。同社によると、今回の不正は内部通報で発覚し、河野氏は「保証人となっていた負債の返済に充てていた」と説明しているそうだ。

 河野氏は宮崎県出身で、中央大を卒業して85年にNHK出版に入社。06年から編集長職を務めていた。大河ドラマ「風林火山」の放映時に出演したGacktの写真集をヒットさせるなど、やり手の編集者として知られた。各種のインタビューも積極的に受け、辣腕ぶりを自己アピールした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る