• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「奇跡の詩人」もウヤムヤ…NHKが駆け込む“障害者路線”

 他人の作曲で国民をダマした「現代のベートーベン」佐村河内守(50)。目下の問題は、本当は耳が聞こえているのではないかということだ。実際、ゴーストライターの新垣隆氏(43)は彼が聴覚障害者のふりをしていたと明言している。

 ならばNHKの責任は軽くない。昨年3月、同局はNHKスペシャル「魂の旋律~音を失った作曲家~」を放送。これが話題を呼んで佐村河内は時の人となり、NHK出版は「魂の旋律―佐村河内守」(古賀淳也著)という本も出版した。

 だがその一方で、「実は聞こえてるんじゃないか」という声も上がっていた。番組では、佐村河内は35歳で完全に聴力を失い、相手の唇の動きを読んで会話していると解説していたが…。

「佐村河内氏はサングラスをかけて会話していました。あの状況で相手の唇の動きを正確に把握できるか疑問に思っていました」(ノンフィクション作家の奥野修司氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る