「奇跡の詩人」もウヤムヤ…NHKが駆け込む“障害者路線”

公開日:  更新日:

 他人の作曲で国民をダマした「現代のベートーベン」佐村河内守(50)。目下の問題は、本当は耳が聞こえているのではないかということだ。実際、ゴーストライターの新垣隆氏(43)は彼が聴覚障害者のふりをしていたと明言している。

 ならばNHKの責任は軽くない。昨年3月、同局はNHKスペシャル「魂の旋律~音を失った作曲家~」を放送。これが話題を呼んで佐村河内は時の人となり、NHK出版は「魂の旋律―佐村河内守」(古賀淳也著)という本も出版した。

 だがその一方で、「実は聞こえてるんじゃないか」という声も上がっていた。番組では、佐村河内は35歳で完全に聴力を失い、相手の唇の動きを読んで会話していると解説していたが…。

「佐村河内氏はサングラスをかけて会話していました。あの状況で相手の唇の動きを正確に把握できるか疑問に思っていました」(ノンフィクション作家の奥野修司氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る