日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

真木よう子“W受賞”で火がついた 尾野真千子の「女の戦い」

「まさか真木が主演と助演のダブル受賞とは……。正直、想定外の結果でした」(映画誌ライター)

 7日に開かれた「第37回日本アカデミー賞」の授賞式。映画人にとっては名実ともに国内最高峰の晴れ舞台だが、賞レースは多くの関係者の予想を裏切る結果となった。真木よう子(31)が最優秀主演女優賞(「さよなら渓谷」)、最優秀助演女優賞(「そして父になる」)の2冠をゲット。女優賞を総ナメにしたのだ。

 実に大竹しのぶ以来、35年ぶり2人目の快挙。これだけなら「ドエライことだ」で終わる話だが、今回は違う。真木以外にも主演と助演の両方にノミネートされていた女優がもうひとりいたからだ。尾野真千子(32)。「そして父になる」で主演、「探偵はBARにいる2」で助演である。

「主演と助演の両方にノミネートされるケースはまれ。少なくとも平成に入ってからは初めてで、真木と尾野の一騎打ちだけに、“分け合い受賞”が大方の予想でした」(映画関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事