「Vシネ帝王」も共演 尾野真千子に賭ける「月9」の命運

公開日:  更新日:

 最近じゃあ、フジテレビ凋落の象徴とまでいわれている「月9」ドラマが、路線変更する。

 これまで“ジャニーズ万歳”でやってきたが、4月スタートの「極悪がんぼ」では、演技派の尾野真千子(32)がフジの連ドラ単独初主演。尾野演じる神崎薫も「法律の裏をかく事件屋」だ。

 共演に「Vシネマの帝王」こと竹内力(50)を迎えるあたり、製作サイドの“力”も感じる。

 それも当然で、キムタク全盛、視聴率20%超えが当たり前だったのも遠い昔のこと。現在放送中の「失恋ショコラティエ」も11%台をウロウロしている。

「昨年の月9も、福山雅治主演の『ガリレオ』以外は平均11~12%台と不発でしたからね。今のドラマ視聴者のメーンは中高年。ジャニタレでは数字は取れない、路線変更せざるを得なかったというのも、正直ある」(同局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る