小保方さん大逆転!? 香港の教授「再現に成功」報道で騒ぎ

公開日:  更新日:

 英ガーディアン紙が「香港の大学教授がSTAP細胞の再現に成功」と報じて大騒ぎになった。

 ガーディアン紙によると、実験に成功したとされるのは、香港中文大のケネス・リー教授(再生医学)。少し前は、STAP細胞の再現を試みたものの成功せず、ウォールストリート・ジャーナルの取材に「断念した」と話していた人物だ。

 ところが、今回、STAP論文の共同執筆者で、ハーバード大のバカンティ教授が更新した新たな手順で試したところ、再現に成功したという。日本ではもはや「STAP細胞は存在しない」との声も上がる中、これが事実なら窮地の小保方さんも一気に形勢逆転だ。

 リー教授は科学者のネットサイト「リサーチゲート」に1日付で投稿。その中で、細胞によりストレスを与えるバカンティ教授の手法で再現したところ、「succeeded in finding potential signs」(潜在的な兆候を見つけることに成功)と書いている。

 もっとも、リー教授はその後、ツイッターなどで「STAP細胞が実在した、とは言ってない」「メディアが盛り上がり過ぎだ」と訴えている。本当にSTAP細胞の再現に成功したのかは、もう少し検証した方がよさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る