捏造認定に「承服できない」! 小保方さん“徹底抗戦”の勝算

公開日: 更新日:

 理化学研究所の調査委員会は、STAP細胞論文の改ざんや捏造を小保方晴子研究ユニットリーダー(30)の単独行為と認定したが、「まるでトカゲの尻尾切り」という指摘もある。ひとりで“罪”をかぶせられそうな小保方さんが徹底抗戦の構えを見せるのも、分からないでもない。

 国民の最大の関心は、「小保方さんは何でそんなことをしたの?」と、「で、STAP細胞はあるの?」だろう。

 理研は1日の調査報告会見で、小保方論文を「捏造」と断じておきながら、動機については「小保方さんから直接聞いていません」。集まった報道陣をズッコケさせた。

 STAP現象についても「今のところ、あるともないとも……」と、先月の中間報告から進展なし。改めて千数百万円もの予算を組み、1年をめどに有無を検証するというが、研究実施の責任者は理研の丹羽仁史氏。小保方論文の共著者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  4. 4

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  5. 5

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  6. 6

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

  7. 7

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  8. 8

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  9. 9

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  10. 10

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る