捏造認定に「承服できない」! 小保方さん“徹底抗戦”の勝算

公開日:  更新日:

 理化学研究所の調査委員会は、STAP細胞論文の改ざんや捏造を小保方晴子研究ユニットリーダー(30)の単独行為と認定したが、「まるでトカゲの尻尾切り」という指摘もある。ひとりで“罪”をかぶせられそうな小保方さんが徹底抗戦の構えを見せるのも、分からないでもない。

 国民の最大の関心は、「小保方さんは何でそんなことをしたの?」と、「で、STAP細胞はあるの?」だろう。

 理研は1日の調査報告会見で、小保方論文を「捏造」と断じておきながら、動機については「小保方さんから直接聞いていません」。集まった報道陣をズッコケさせた。

 STAP現象についても「今のところ、あるともないとも……」と、先月の中間報告から進展なし。改めて千数百万円もの予算を組み、1年をめどに有無を検証するというが、研究実施の責任者は理研の丹羽仁史氏。小保方論文の共著者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る