橋田ドラマ「なるようになるさ。」低迷理由はTBSにあり?

公開日:  更新日:

とうとう視聴率5%台

 もうどうにもならなくなってきた連ドラ「なるようになるさ。」(TBS系)。視聴率は5%台まで右肩下がりで、シーズン1の平均が12%台だったことを考えると、散々だ。脚本の橋田寿賀子もショックで「絶筆を決意した」などと一部週刊誌に報じられていた。

 NHKの前身、東京放送局がラジオ放送を開始した1925年生まれの橋田。もう89歳だ。「おしん」をはじめ「渡る世間は鬼ばかり」など数々のヒット作を送り出してきた脚本家にブレーキがかかったとしても、不思議はない。

「橋田さんお得意の説明調の長ったらしいセリフが『時代遅れ』という指摘はありますが、それは違うと思う。高齢の視聴者には、その方が分かりやすいという声もあるんです。ほのぼのとした日常を描く橋田ドラマは、半年、1年のロングスパンで放送した方がいい。のんびり見ているうちに何となくハマってしまうのが、橋田ドラマなんです」(同局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る