橋田ドラマ「なるようになるさ。」低迷理由はTBSにあり?

公開日:  更新日:

とうとう視聴率5%台

 もうどうにもならなくなってきた連ドラ「なるようになるさ。」(TBS系)。視聴率は5%台まで右肩下がりで、シーズン1の平均が12%台だったことを考えると、散々だ。脚本の橋田寿賀子もショックで「絶筆を決意した」などと一部週刊誌に報じられていた。

 NHKの前身、東京放送局がラジオ放送を開始した1925年生まれの橋田。もう89歳だ。「おしん」をはじめ「渡る世間は鬼ばかり」など数々のヒット作を送り出してきた脚本家にブレーキがかかったとしても、不思議はない。

「橋田さんお得意の説明調の長ったらしいセリフが『時代遅れ』という指摘はありますが、それは違うと思う。高齢の視聴者には、その方が分かりやすいという声もあるんです。ほのぼのとした日常を描く橋田ドラマは、半年、1年のロングスパンで放送した方がいい。のんびり見ているうちに何となくハマってしまうのが、橋田ドラマなんです」(同局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る