日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「なるようになるさ。」続編決定 “ネオ時代劇”と化す橋田ドラマ

「大人の枠」だそうだ。TBSが4月から、火曜22時にドラマ枠を新設すると発表した。第1弾は、昨年7~9月期に金曜22時枠で放送された橋田寿賀子脚本「なるようになるさ。」のシーズン2。ひとくちに“大人”と言っても、かなり上の年齢層に狙いをつけた時間帯になるようだ。

 同作は、自宅を改装したカフェを舞台にして、問題を抱えた人たちが一つ屋根の下で暮らすホームドラマ。橋田にとって16年ぶりの新作と注目され、平均視聴率は13%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と健闘した。

 1ケタ続出のTBSにとっては有望なコンテンツとなるのだろうが、食べ物屋を舞台に登場人物を出し入れするストーリー展開は、「渡る世間は鬼ばかり」と同じ。先生の得意とするパターンだ。しかも、主役の舘ひろしと浅野温子は、演技が不自由ときている。それが改編の目玉になるのだから、視聴者もナメられたものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事