日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ASKA騒動過熱…楽曲バカ売れ、CD買い占め、株価急騰

 ASKA騒動で得をする人が出ている。ASKAの所属事務所は19日、各楽曲の配信停止と回収を発表した。その直後から駆け込みで、チャゲアスの曲がバカ売れしている。今月20日、iTunesのホームページで公開しているダウンロードランキングは、「SAY YES」など4曲がトップ10にランクインした。

 ネットオークションでも高値で取引されている。アマゾンでは、「SUPER BESTII」のCDが4万円なんていうケースもある。転売屋などは今のうちに中古ショップでCDを買い占めているらしく、CDショップの在庫も少なくなっているという。CDショップもニンマリだ。

 音楽関係だけではない。医療品や医療機器を販売する「あすか製薬」の株が、ASKAが逮捕されてから急上昇したのだ。もちろん今回の事件と何の関係もないが、ASKA逮捕前の16日株価は782円で売買高は9万5000株だったのに、週明けの19日は920円で143万6500株だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事