ASKA騒動過熱…楽曲バカ売れ、CD買い占め、株価急騰

公開日: 更新日:

 ASKA騒動で得をする人が出ている。ASKAの所属事務所は19日、各楽曲の配信停止と回収を発表した。その直後から駆け込みで、チャゲアスの曲がバカ売れしている。今月20日、iTunesのホームページで公開しているダウンロードランキングは、「SAY YES」など4曲がトップ10にランクインした。

 ネットオークションでも高値で取引されている。アマゾンでは、「SUPER BESTII」のCDが4万円なんていうケースもある。転売屋などは今のうちに中古ショップでCDを買い占めているらしく、CDショップの在庫も少なくなっているという。CDショップもニンマリだ。

 音楽関係だけではない。医療品や医療機器を販売する「あすか製薬」の株が、ASKAが逮捕されてから急上昇したのだ。もちろん今回の事件と何の関係もないが、ASKA逮捕前の16日株価は782円で売買高は9万5000株だったのに、週明けの19日は920円で143万6500株だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  8. 8

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  9. 9

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

  10. 10

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

もっと見る