「接待秘書」だったのか ASKA“愛人”とパソナ代表の関係

公開日:  更新日:

政治家、芸能人を招く「バーティー」での役割は?

 ASKA(56=本名・宮崎重明)とともに逮捕された会社員、栩内(とちない)香澄美容疑者(37)の素性が明らかにされぬまま数日。イマドキ勤務先の特定にこれだけ時間がかかるのは珍しい。捜査関係者は栩内の勤務先について「発表予定はない」と口が堅い。どうやら、ASKAの“旧友”パソナグループ代表・南部靖之氏(62)との関係が影響しているようだ。

 22日発売の週刊文春は「“シャブ愛人”栩内香澄美はパソナ代表の接待秘書」、週刊新潮は「覚醒剤漬けで快楽の虜(とりこ)! 『南部代表』の超美人“秘書”」と南部代表の実名入りで報じている。それによれば、ASKAと栩内が出会ったパーティーは〈南部代表の主催〉だったらしい。

「南部代表は、パソナの迎賓館『仁風林』に、民主党の前原グループなど政界関係者や芸能関係者を招いてよくパーティーを催していた。パーティーには“接待役”として若い女性も参加していた。参加者の間では、代表の“お気に入り”の美女揃いだと有名でした。逮捕された栩内も、接待役のひとりだったとみられています」(パソナ事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る