「接待秘書」だったのか ASKA“愛人”とパソナ代表の関係

公開日: 更新日:

政治家、芸能人を招く「バーティー」での役割は?

 ASKA(56=本名・宮崎重明)とともに逮捕された会社員、栩内(とちない)香澄美容疑者(37)の素性が明らかにされぬまま数日。イマドキ勤務先の特定にこれだけ時間がかかるのは珍しい。捜査関係者は栩内の勤務先について「発表予定はない」と口が堅い。どうやら、ASKAの“旧友”パソナグループ代表・南部靖之氏(62)との関係が影響しているようだ。

 22日発売の週刊文春は「“シャブ愛人”栩内香澄美はパソナ代表の接待秘書」、週刊新潮は「覚醒剤漬けで快楽の虜(とりこ)! 『南部代表』の超美人“秘書”」と南部代表の実名入りで報じている。それによれば、ASKAと栩内が出会ったパーティーは〈南部代表の主催〉だったらしい。

「南部代表は、パソナの迎賓館『仁風林』に、民主党の前原グループなど政界関係者や芸能関係者を招いてよくパーティーを催していた。パーティーには“接待役”として若い女性も参加していた。参加者の間では、代表の“お気に入り”の美女揃いだと有名でした。逮捕された栩内も、接待役のひとりだったとみられています」(パソナ事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  4. 4

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  8. 8

    松屋で大人気「シュクメルリ」とオリジナルカレーの今後

  9. 9

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  10. 10

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る