運転手も主治医も一緒…ASKAと清原和博に“共通点”のなぜ

公開日: 更新日:

 シャブ&ASKA容疑者(本名・宮崎重明=56)と、元巨人清原和博(46)の“共通点”は多い。そもそも同じ週刊文春で薬物疑惑を報じられたし、「ASKAの運転手だった人物がその後、清原の運転手として雇われた」という知人の証言も出てきた。

 さらに共通の“主治医”まで登場だ。22日、テレビの情報番組で「私がアンナカ(安息香酸ナトリウムカフェイン)を処方した」と告白して話題になっている「東京健康クリニック」(西麻布)の平石貴久医師(63)のことだ。ASKAが20年来通ってきたクリニックだが、清原も現役時代から世話になっている。

■VIPルームは有名人サロン化

「平石さんは『にんにく注射の発案者』として知られ、一時はメディアに引っ張りだこでした。かつて東京・六本木に開いていた平石さんのクリニックには、元サッカー日本代表の中田英寿、歌手の浜崎あゆみ、SMAPのキムタク、音楽プロデューサーの小室哲哉など、そうそうたる面々が通っていました。平石さんは人当たりがよく、ワガママを聞いてくれる。ちょっとした風邪でもサービスでにんにく注射を打ってくれたりするのです。VIPルームは有名人のサロンみたいな時もありました」(来院したことのある客)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  3. 3

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  4. 4

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  5. 5

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  6. 6

    阪神のドラフト下位ルーキーは意外にモノになる 期待は2人

  7. 7

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  8. 8

    綾瀬はるか“新・視聴率の女王”確実も…恋愛成就を危ぶむ声

  9. 9

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  10. 10

    コロナ禍で一部助っ人のみが来日できる裏側…球団なぜ差が

もっと見る