日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

運転手も主治医も一緒…ASKAと清原和博に“共通点”のなぜ

 シャブ&ASKA容疑者(本名・宮崎重明=56)と、元巨人の清原和博(46)の“共通点”は多い。そもそも同じ週刊文春で薬物疑惑を報じられたし、「ASKAの運転手だった人物がその後、清原の運転手として雇われた」という知人の証言も出てきた。

 さらに共通の“主治医”まで登場だ。22日、テレビの情報番組で「私がアンナカ(安息香酸ナトリウムカフェイン)を処方した」と告白して話題になっている「東京健康クリニック」(西麻布)の平石貴久医師(63)のことだ。ASKAが20年来通ってきたクリニックだが、清原も現役時代から世話になっている。

■VIPルームは有名人サロン化

「平石さんは『にんにく注射の発案者』として知られ、一時はメディアに引っ張りだこでした。かつて東京・六本木に開いていた平石さんのクリニックには、元サッカー日本代表の中田英寿、歌手の浜崎あゆみ、SMAPのキムタク、音楽プロデューサーの小室哲哉など、そうそうたる面々が通っていました。平石さんは人当たりがよく、ワガママを聞いてくれる。ちょっとした風邪でもサービスでにんにく注射を打ってくれたりするのです。VIPルームは有名人のサロンみたいな時もありました」(来院したことのある客)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事