日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“ASKAの女”でトバッチリ…元・高見盛が「涙も出ない」

「接待秘書」「喜び組」──。話題のオンナはそう呼ばれていた。

 覚醒剤取締法違反でASKA(56)と共に逮捕された女性会社員の栩内(とちない)香澄美容疑者(37)。日が経つにつれ、派手な交友関係の理由も明らかになってきた。人材派遣大手「パソナグループ」南部靖之代表の“お気に入り”に抜擢され、政財界の要人や芸能人の接待要員に。ここで栩内容疑者はASKAと出会ったといわれている。

■「よっちゃん」は関係を即否定

「謎の美女」の素性がどんどん明らかになる中、思わぬトバッチリを受けている人物が。栩内と同じ弘前実業高校出身で同学年だった振分親方(元・高見盛)だ。栩内は青森県南津軽郡の貧しい家庭に育ち、一方、振分親方は北津軽郡出身。弘前実業を卒業後、日本大学相撲部に進学した。

 “ASKAの愛人と高校と学年が同じ”というだけで親方のもとには報道陣が殺到。稽古場で「知り合いか」などと質問攻めに遭い、これに普段は温和な振分親方も「全然知らない! まったく!」と激怒。「女子部と男子部があるし、相撲部で一緒だった人くらいしかハッキリ覚えていない。弘前実業出身者と(報道で)出るだけで嫌。情けなくて涙も出ない。まったく、もう!」と呆れながらも、「チャゲアス世代だから、よくカラオケで歌ってた。ショックっすよ」と“らしい”コメントも残していた。

 親方同様、ギタリストの野村義男(49)も栩内の常連店の従業員がペラペラしゃべったことで巻き込まれ、ブログで「2人で食事に行ったことは一度もありません」「今後は行く店を選びます」と“疑惑”を否定する羽目に。罪な女である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事