• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ASKAと女性「夜な夜な動物のような音」…近隣住民が証言

「ドンドン、ガンガンって、壁とか床を激しくたたくような凄まじい物音が響いてきてたんです。それも深夜2~3時ごろから明け方までずっと。ここ数週間はほとんど連日でした。何か動物でも暴れてるのかなって思ったほどです」――現場マンションの女性住民は、そう証言する。

 やっぱり「シャブ&ASKA」だった本名・宮崎重明容疑者(56=東京都目黒区)は、知人の会社員、栩内(とちない)香澄美容疑者(37=東京都港区)の自宅マンションで、覚醒剤にふけっていた。

 2人は18日、覚醒剤所持で東京地検に送検。ASKAの自宅からは、覚醒剤の尿反応を自分で検査できるキットまで押収されたという。
「捜査当局は栩内を“愛人”とみています。2人が知り合った経緯は不明ですが、ASKAはほぼ毎週末、人目につかないように、深夜から早朝にかけ、南青山にある栩内の部屋で密会し、夜な夜な行為に溺れていたようです」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  8. 8

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

もっと見る