二日酔いもお持ち帰りもナシ 三輪ひとみの飲みっぷり

公開日: 更新日:

 自他共に認める酒好きでいまだ二日酔い知らずの酒豪。女優の三輪ひとみ(35)は「自分の好きなお酒を飲んでほしい」という思いが高じ、女優業のかたわらカジュアルバーを始めてしまった。居酒屋で夜通し熱く語り合った青春の思い出を聞かせてもらった。

 映画「捨てがたき人々」の撮影は2年前。長崎・五島での撮影中の20日間に5キロもやせてしまうハードさだった。
「連日撮影が続いて、体調を崩してしまったんです。真っ先に胃をやられてしまい、肉も喉を通らず、新鮮な魚介類にも<火を通して>とお願いするほどでした。だからお酒を飲んだのは初日の夜だけ。その時に飲んだ地元の焼酎『壱岐』がおいしくて、買って帰りましたけど(笑い)」

 帰京した後、念願だった店を開いた。港区・赤坂駅から徒歩5分のカジュアルバー「Bonne eau(ボンノウ)」。今では天職と胸を張るほど心血を注いでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    ホリエモンがひろゆきに絶縁宣言 2人の対談連載は終了か?

  6. 6

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  7. 7

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  8. 8

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  9. 9

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  10. 10

    総務省に新疑惑!東北新社に「脱法スキーム」指南の可能性

もっと見る