二日酔いもお持ち帰りもナシ 三輪ひとみの飲みっぷり

公開日:  更新日:

 自他共に認める酒好きでいまだ二日酔い知らずの酒豪。女優の三輪ひとみ(35)は「自分の好きなお酒を飲んでほしい」という思いが高じ、女優業のかたわらカジュアルバーを始めてしまった。居酒屋で夜通し熱く語り合った青春の思い出を聞かせてもらった。

 映画「捨てがたき人々」の撮影は2年前。長崎・五島での撮影中の20日間に5キロもやせてしまうハードさだった。
「連日撮影が続いて、体調を崩してしまったんです。真っ先に胃をやられてしまい、肉も喉を通らず、新鮮な魚介類にも<火を通して>とお願いするほどでした。だからお酒を飲んだのは初日の夜だけ。その時に飲んだ地元の焼酎『壱岐』がおいしくて、買って帰りましたけど(笑い)」

 帰京した後、念願だった店を開いた。港区・赤坂駅から徒歩5分のカジュアルバー「Bonne eau(ボンノウ)」。今では天職と胸を張るほど心血を注いでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る