細身なのに巨乳…三輪ひとみ「捨てがたき人々」の渾身濡れ場

公開日: 更新日:

 人間のあらゆる欲望をむき出しにしながら、一組の男女がたどる愛の行く末―― 。ジョージ秋山の人気漫画「捨てがたき人々」が実写化されて話題になっている。

 金も仕事もなくセックスのことばかり考えている狸穴勇介(大森南朋)が、苦悩しながら生きる意義、愛や幸せを見つけ出そうともがく姿を通して、人間の業を描き出すこの作品。

 実写化に際しては過激な性描写が必須だったが、ヒロイン役の三輪ひとみが渾身の濡れ場を披露。女優魂を見せているという。

 いち早く試写を見た映画批評家の前田有一氏はこう話す。

「人間はたいそうなことを言っても、つまるところセックスと食い物のことしか考えないというのがテーマの作品です。それだけに、濡れ場は重要ですが、とにかく35歳になる三輪のスタイルがとんでもなく良くて驚きました。体は細身なのに巨乳。しかも美乳。あらゆる角度から舐(な)めるようにカメラが三輪の裸を映し出します。三輪のヌードだけでも一見の価値あり。僕は“パーフェクトおっぱい”と呼んでいます」

 年を重ねてもまったく悟れない煩悩人間にはオススメの一作。映画は6月7日公開。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  5. 5

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  6. 6

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  7. 7

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  8. 8

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  9. 9

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

  10. 10

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る