二日酔いもお持ち帰りもナシ 三輪ひとみの飲みっぷり

公開日: 更新日:

「『壱岐』をはじめ、私が品定めした一押しのお酒を揃えてます。店を始めたのは、他人と関わる場所欲しさから。役者というのは現場で深く話すこともないし、積極的に自分から出ていかないとほとんど人と関わらない。でも店があれば、いつでもいろんな人の人生を聞けて、自分にプラスになる。うんちくを絡めて薦めた甲斐あって、ビールしか飲まなかった人をウイスキー党にしたこともあるんですよ」

■居酒屋で朝まで政治談議

 忘れられない酒の思い出は、今から13年ほど昔の22歳の頃にさかのぼる。生まれ育った横浜の小中学校の同級生たちと週3回ペースで地元の居酒屋にたむろしていた。

「東大、早稲田、学習院など高学歴の子ばかり。既に女優を始めていた私は、人見知りが激しくて現場でうちとけられず、同世代の子と気がねなく話せるのが楽しくて仕方なかったんです。一番盛り上がったのが、政治の話。小泉さんが総理大臣になる前の激動期。夜7時に居酒屋に集まっては、政治論を戦わせました。日本酒や焼酎をぐいぐいあけ、キュウリに味噌をつけたつまみ片手に政治談議ですよ。ディベートが大好きな友達ばかり3、4人と盛り上がってました。興奮して『今の日本の政治はダメ』と悔し涙を流したりで、とにかく熱かったです。おっちゃんたちが口をはさんでくるんで、店の名物になって、毎回朝4時の閉店まで飲んでました。若い頃は何かと自分の意見を主張したがりますよね。私は聞き役に徹して他人の意見を聞く専門でした。随分勉強になりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  7. 7

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  8. 8

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  9. 9

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  10. 10

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る