ビートたけし「100億円愛人」報道も、実は…財産がない?

公開日:  更新日:

 49歳の愛人と同棲状態と報じられたビートたけし(67)。結婚34年になる幹子夫人(63)に全財産を渡してでも愛人と一緒になりたいらしいが、そもそも、たけしの自由になる“財産”はそれほどないようだ。

「たけしさんは地上波のレギュラーが6本で、週給2000万円以上、CMのギャラなどを含めると年収15億円超ともいわれますが、お金の管理は幹子夫人がやっているんだとか。たけしさんは小遣いを月に1000万円もらって、やりくりしているそうですよ」(芸能リポーター)

 発売中の女性自身によると、“北野家”が所有する不動産は、幹子夫人や子どもたちが住んでいる東京・渋谷区の豪邸のほか、港区の旧宅、アトリエ、アパートなどを合わせて計6軒、評価額は23億円に上るという。

 ただし、これらの所有者は、大半が幹子夫人が代表を務める「北野アツシエーション」や、長男が代表の「北野企画」。アトリエとアパート1軒はたけしも所有者に名を連ねているものの、幹子夫人との共有で、2億円にも満たない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    原発外交、領土交渉…自民党は3代目に身上をつぶされる

もっと見る