東出昌大、綾野剛、向井理…朝ドラ男優はなぜ出世するのか

公開日:  更新日:

 最近、人気の俳優を思い浮かべると、なぜかNHK朝ドラで注目された男優や女優ばかり。とくに男優は顕著で、朝ドラはいまでは“男優の供給源”になっている。どうしてなのか。

 たとえば、若手に限れば、今の「花子とアン」なら、ヒロインの夫役の鈴木亮平、「ごちそうさん」は東出昌大と和田正人、菅田将暉、「あまちゃん」は福士蒼汰、「梅ちゃん先生」は松坂桃李と高橋光臣、「カーネーション」は綾野剛、「ゲゲゲの女房」は向井理といった具合。

 朝ドラ終了後は民放のドラマで主役級で活躍しているケースも増えていて、「朝ドラ発」がドラマ界のキーワードだ。

 コラムニストの桧山珠美氏がこう言う。

「民放のドラマの地盤沈下は、大手芸能プロがプッシュする俳優を嫌でも起用するしかなく、タレントありきが目に余るのが一因。その点、NHKはオーディションで決めていて、役にあった俳優を選び、俳優の魅力を最大限引き出している。中には原石のような俳優もいて、NHK流に鍛えて一気に開花というパターンになっています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    “坂道”相手に写真集健闘 石田ゆり子は「寄る年波」も武器

  10. 10

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

もっと見る